プレコレ blog

勉強や旅行について

【Go Toトラベルを使いこなそう】【知らないと損をする!?】Gotoトラベル 旅行するなら公共交通機関? 車?

皆さんコンニチワ!

プレコレ Blog ライターのユンでっす('ω')ノ

 

本日は

Gotoトラベル 旅行するなら公共交通機関? 車?

を話していきたいと思います。

 

 

過去の記事はこちらから

 

precorre.hatenablog.com

 

 

precorre.hatenablog.com



 

 

 1. Go Toトラベルのおさらい

 

「Go To トラベルキャンペーン」とは、

国内旅行を対象に宿泊または日帰り旅行代金の50%相当を支援する政策です。

この50%割引は旅行代金すべてが半額になるわけではなく

2つに分類され割引が適用されます。

①旅行代金の35%を支援

②残りの15%は、10月1日以降に開始する旅行で利用できる「地域共通クーポン」として発行

このうち、①の35%分の割引が7月22日より一足先にスタートしております。

上限は1人1泊1万4000円、日帰り1人7000円です。

対象の事業者から予約することで申し込むことができます。

(申し込み方法は下記参照)ポイントとして連泊制限や利用回数の制限はありません。

※詳しい説明は過去記事にて説明しております。

 

precorre.hatenablog.com

 

 

 2. 公共交通機関のメリット&デメリット

 

公共交通機関のメリット&デメリットを話していきます!

まず公共交通機関とは、電車、新幹線、バス、船、飛行機なんかを指します。

 

 

<公共交通機関メリット>
・誰でも使える
・乗るだけなので楽
・お酒を飲んでも目的地に行ける

 

<公共交通機関のデメリット>
・満員などでストレスがたまる可能性あり
・天候等で自由に身動きが取れなくなることがある

・不特定多数との接触あり(コロナ感染のリスク大)
・ある程度公共交通機関が発達していないと不便
・帰る時間等をある程度考えないといけない
 
 
これは筆者の見解ですが、コロナ禍では皆さんが気にするのはデメリットに書いた
「不特定多数との接触が多くなる」ことではないでしょうか?
コロナってホントどこにでも影響してきますね。。。
旅行に行ってコロナになりました!なんて職場で言いたくないし....でもこの機会を見逃したくない....っていうのはありますよね!
ただ公共交通機関使わなくても旅行先に人が多かったらそこで移る可能性も
あるんですけどね(笑)⇒結局どっちなんだよっていう(笑)
 
それはさておきなんですが、旅行をお得に済ませるなら、これは
公共交通機関の方が”方法”を知っていればお得に済みそうなんです!!
 

 では、その方法は一体どうやるのかというと

 

旅行代理店を活用したGoToトラベルを選ぶ方法になります。

但し、注意していただきたいのが旅行代理店を介したGoToトラベルでも

旅行代金に交通費が含まれているプランのみしか適用されません!!

 

カニズムを説明すると、最初に説明したGoToトラベル概要で

「旅行代金の35%を支援」と説明したはずですが、これは交通費を含んでいても

適用されるメカニズムになっています。

つまり、プランに交通費が含まれていれば宿泊代と交通費が割引の適用範囲となり

結果的にかなりお値打ちな価格で旅行を楽しむことができます。

 

少しでも安く行きたい、運転したくない、お酒飲みたいなどの方にはぜひおすすめ

なので活用してみてください!

 

 

 

 3. 車のメリット&デメリット

 

次はのメリット&デメリットを話していきます!

まず今回話す、車とは、自家用車、レンタカーなんかを指します。

 

<車のメリット>
・自由に行動できる
・コロナのリスクを低減できる
・必ず座れる
・道があればどんなところも行ける

 

<公共交通機関のデメリット>
・免許がないと運転できない
・運転に慣れていないと事故る可能性あり
・運転手の疲労がたまる
・渋滞に巻き込まれる可能性あり
 
車で移動する場合、特に気を付けなければならないのが事故になります。
せっかくの楽しい旅行が台無しになりかねないですからね(笑)
公共交通機関のデメリットに挙げたコロナ感染のリスクですが、
0ではないですが公共交通機関に比べて車の方が不特定多数との接触は減るため
低減できると思います。実際コロナが流行してから車での移動が増えた方が多い
らしいです。
 
さて、車の方で旅行する場合のなるべくお得にする方法ですが、
ある旅行専用予約サイトから「宿泊料金+高速道路料金」がセットになったプランが
存在します。さらにこの高速道路料金の部分ですが「Go To高速道路周遊パス」といい
予約した期間の高速が乗り放題(条件があるため詳細は専用サイトでご確認ください)
旅行中、観光スポットを回るのに高速道路を乗り降りしても一定の金額を払うだけで
乗り放題のシステムです!
 
Go To高速道路周遊パス付きの宿泊宿予約方法
 
1. 宿泊専用予約サイト「STAYNAVI」でGo To高速道路周遊パス対象施設を検索する
 ↓↓
2. 予約する施設の公式サイトから宿泊予約する
 
↓↓
3. 再び「STAYNAVI」に戻り、割引クーポンを発行する
 (会員登録が必要になるので下記リンク先に沿って登録する)
 
 ↓↓
 4. 割引クーポン発行
↓↓
 5. 完了!!
 

 

 4. まとめ

 

公共交通機関と車のメリット&デメリットをまとめるとこうなります!
 
         価格   利便性   ラク
公共交通機関  ◎      〇           〇
                〇         ◎           〇
 
実際どちらかが圧倒的にいいとはいいがたい結果になってしまいましたが
私のおすすめは
都心部に旅行 ⇒ 公共交通機関
田舎の方へ旅行⇒ 車
 
をおすすめします!!
 
 
皆さんの旅行が楽しいものになるよう祈っています!
 
最後まで読んでいただきありがとうございました!