プレコレ blog

勉強やPC,心理学について

【分かりやすい数学Ⅰ】整式の乗法

前回が加法(足し算)減法(引き算)について書きましたが、今回は乗法(掛け算)について書いていきます。

 

ここでは公式が多い為、覚えてしまって何回も解いて慣れるのがポイントです!!

また、前回少し出てきた分配法則も説明していきます。

 

 

では、以下の単元について教科書の説明をしていきます。

●整式の乗法

この単元は主にかっこを外すこと(展開)の内容が多いです!←意味が分からないと思いますが、ここを記憶しておいて下さい笑

目次

f:id:precorre:20200620190128p:plain

【分かりやすい数学Ⅰ】整式の乗法

単項式の乗法

◆まずは、語句の説明です。

 ●aのn乗:n乗とはその数だけ掛け算する。

例えば5の3乗とは、5を三回かけることです。

f:id:precorre:20200709213654p:plain

●指数:aのn乗とかのnの数字の事を言います。

上の場合は、3ですね。

●累乗:下のような形のようなやつを全部そう呼びます。

f:id:precorre:20200709224510p:plain

 

 

◆次に指数のルールみたいなものを紹介します。

●掛け算

f:id:precorre:20200709231431p:plain

累乗の掛け算は、上の数字の足し算です。

●かっこに指数が付いてる

f:id:precorre:20200709235116p:plain

かっこを外す為に掛け算をします。

●かっこの中がちょっと複雑

f:id:precorre:20200709235848p:plain

かっこを外す為に分配して掛け算をします。

 

 

整式の乗法

分配法則:かっこを外す時に、かっこの前後に数字とかがあれば分配して掛け算します。

f:id:precorre:20200711093744p:plain

●展開:かっこを外すこと(分配法則も展開の一部です。)

整式の乗法

計算した後は、xの大きい順番に変えておきましょう!でも、文字を指定されていたらその文字で並び替えます!


 

展開の公式

ここでは公式を覚えた方が楽ですね。後は問題を解いて慣れていきましょう。

 展開の公式

一番最後の公式は、矢印の方向にかけていく事を覚えた方が楽かもしれません。「展開」の内容で2問目で書いている解き方です。

 

 

式の展開の工夫

ここでは、難しい展開のポイントを1つお伝えします。それは置き換える事です。下の難しそうな問題を解いていきましょう。

まずは、この一部を置き換えていつもの形にします。

これで「展開の公式」で紹介した1つ目のルールの形になったので、そのルールを使って解きます。

あとは、置き換えたものを元に戻して、今までのルール通り計算していきます。

 

 

 

◆◇◆◇

最後まで読んでいただきありがとうございます。

説明に不足があったり、誤字等があれば教えて頂けると助かります。

また、分からない内容があった時も教えてください!