プレコレ blog

勉強やPC,心理学について

【パソコンって結構損する買い物なんです】 PC初心者必見講座 ~購入編②~

皆さんコンニチワ!

プレコレ Blog ライターのユンでっす('ω')ノ

 

本編を早く読みたい方はこちらから

 購入編①をまだ読んでない方はこちらから ↓↓

 

precorre.hatenablog.com

 

もう梅雨本番ですね。。。

この時期はジメジメしていてユンはあまり好きではないです(´;ω;`)

ところで先週実家で今年初、を見かけました。

そうです。黒くてテカテカしててカサカサ動くやつ。

(書きながらぞわぞわしてます。。。)

このごろ気温も上がってきて活動的になってきたのかな?

 ブラックキャップさん出番ですよ。

なんかたまたまネットで見かけたんですが、害虫駆除のプロが選ぶ

ゴキブリ駆除剤1位はなんとブラックキャップらしいです。

皆さんも奴を見かけたらオススメです!!

ブラックキャップ ゴキブリ駆除剤 [12個入]

ブラックキャップ ゴキブリ駆除剤 [12個入]

  • 発売日: 2005/05/11
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 

 

 

 

そんなことはさておき、今回やっていくテーマは

 

          【パソコンって結構損する買い物なんです】

                    PC初心者必見講座 ~購入編②~

           PCの種類について

 

やっていきたいと思います。

まずPCの種類って聞いて皆さんは何を想像しますか?

”アップル、NEC、HP、DELL” と思ったあなた!!

 

それは会社名ですので、罰としてその場でスクワット10回してください(笑)⇒冗談です

有名どころの会社(ブランド)については購入編の最終編でまとめますので

そちらをご覧ください。

 

PCの種類というのは簡単に言うと、

「形」「大きさ」

などが挙げられます。

実際PCを購入する際、PCの種類ごとに呼び方が違いますので

理解しておく必要があります。

 

PCの種類

 

 
 
今、現存するパソコンを分類化すると、全部で4種類に分けることができます。
みなさんの持っているPCもこの4種類のどれかに分類されています。
 
 
 

1.デスクトップパソコン

 

f:id:precorre:20200622004925j:plain

MSI Infinite Xシリーズ 8RC-067JP

引用元

www.ask-corp.jp

本体と液晶ディスプレイに分かれているものを指します。

初めて市販で販売されたパソコンがこれに該当し、 かなり昔からあるパソコンです。

現存するパソコンの中では最もスタンダードの形になります。

パソコン本体の大きさによって、タワー型スリム型などがあります。

パソコンによっては、本体が非常に小型で ディスプレイが大きいということも

あります。筐体の大きさやデザインがメーカーや型番によって、

多様で幅広いという特徴があります。

ディスプレイの大きさは、様々あります。

⇒17インチ(スクウェア)、21.5インチ&23インチ(ワイド)

 

注意していただきたいのが

本体と液晶ディスプレイが必ずしもセットになっているというわけではない

ということです。

逆に言うと、ディスプレイを持っていれば本体(デスクトップ)を買えば安く抑える

ことができるという点と、よくPCの故障でありがちな液晶の不具合に関しては、

ディスプレイ交換するだけで対応ができてしまう点は良い点かなと思っております。

ここが重要!!

【良い点】

・種類が豊富

・価格帯の幅が広い⇒それぞれの予算にあった物が買える

・汎用性が高い(使う人を選ばない)

・付属部品が豊富(キーボードなど)

・故障時のリペアパーツが豊富

【悪い点】

・置き場所を選ぶ

・PC部品に詳しくないと損をしやすい

・埃がたまりやすい

・冷却ファンがうるさい (ものによる)

 

 

2.ノートパソコン

f:id:precorre:20200623223227p:plain

GALLERIA GCR1660TGF-QC ガンメタリックモデル Minecraft

引用元 

www.dospara.co.jp

 

パソコン業界で一番進化したといってもいいのがノートパソコンではないでしょうか?

特にここ10年の進化は目まぐるしい進化を遂げています。

ノートパソコンの特徴として

・デスクトップパソコンに比べるとコンパクトであり、場所を取らない、

・持ち運びができる。移動させやすい。

 

ノートパソコンの液晶のインチサイズは、対角線の長さになります

15.6インチは A4ノート、それより小さくB5サイズに近いものを

B5ノートともいいます。 スタンダードなサイズは 15.6インチ A4ノートです。

モバイルノートパソコンというときは、

B5サイズのノートパソコンを指していることがあります。

デスクトップの対義語として、ラップトップという言葉を使うことも

あります。lap topとは膝の上で使えるという意味です。

海外では主にラップトップという言葉が使われます

 

ここが重要!!

【良い点】

・持ち運び便利

・場所をとらない

・種類が豊富

・価格帯の幅が広い⇒それぞれの予算にあった物が買える

【悪い点】

・コンセントがない場所では使用できる時間が限られる(内臓バッテリーで稼働する為)

・画面が小さい (ものによる)

・キーボードが打ちにくい (ものによる)

 
 

3.一体型パソコン

 

本体とディスプレイ部分が一体になっているものを一体型パソコン

オールインワンPCといいます 。

 

2000年初頭に販売され始めたが、販売された当時は、スペースをとらない代わりに

あらゆる機能性が制限されていたのと、ノートパソコンの進化に呑まれ

一時期姿を消していました。

 

私の実家にも販売された当時(当時作者12歳くらい?)でしたが、

結構PC速度が重かった思い出が。。。(多分冷却性能がゴミだったからに違いない)

 

ここ最近になり、PCパーツの小型化や機能向上により再度人気を集めているのが

この一体型パソコンの生い立ちになります。

オールインワン All in oneとは、1つに全てまとまっているという意味です。

マウスやキーボードはワイアレス接続が多くなっています。

(発売初期は有線が主流であったので配線がデスクに散らばっていたりしたのも

人気を集めなかった要因かも...)

 

内部の構造はノートパソコンに近く、薄型、無線機能、テレビチューナー

を搭載していることが多いのが特徴です。

Macのパソコンでは、iMacが一体型パソコンになります。

 

ここが重要!!

【良い点】

・スタイリッシュでインテリアとしてもGood !!

・場所をとらない

・機能性が高い

・付属部品が豊富(キーボードなど)

【悪い点】

・種類が少ない

・価格帯が狭い(種類が少ないため)

・ディスプレイが壊れるとその他のパーツも使えなくなる可能性が高い

・拡張性が乏しい

 

4.2in1 ノートパソコン

IdeaPad Duet Chromebook ZA6F0038JP

出典

www.lenovo.com

つぎは、2in1ノートパソコンについて説明していこうと思います。

作者的にこれはPCの種類に分けるべきか非常に迷いました。

みなさんもお察しの通り、これノートパソコンに属しているんですよね。。。

 

ただ、最終的になぜわけたのかというと、

・今後進化する伸びしろが大きいということ

・消費者の購買台数が年々伸びてきているということ

 から分類をわけました!

特徴に関していうと非常にシンプルで

ディスプレイとキーボード部分を分離して使用できるという点。

ディスプレイはタッチパネル対応で、タブレットとして使うことができるという点

それ以外はノートパソコンとあまり変化がないです。はい。

 

 

ここが重要!!

【良い点】

・持ち運び便利

・場所をとらない

・非常に軽い

・シーンに合わせて使い方を変更できる

【悪い点】

・種類が少ない

・価格帯が狭い(種類が少ないため)

・ディスプレイが壊れるとその他のパーツも使えなくなる可能性が高い

・拡張性が乏しい

・画面が他のPCに比べると小さい

 

まとめ

 

みなさんいかがだったでしょうか??

PCは使う場所、使い方次第で選び方は変わっていきます!

PCの種類を知ることはものすごく重要です。

作者も2in1があと1年早かったらそっち買っていたのに.......

と、今さらながら後悔しています(笑)

 

次回はPCパーツについて解説していきます。

※ここからは、かなりコアな話になる為、

 分かりやすくできるよう努力いたします(^_-)-☆)

 

ここまで読んでくれた方々、

本当にありがとうございます!!

もしこの記事が少しでも役立ったなと思った方、おもしろいと思ってくれたは

ぜひ””いいね””をお願いいたします!!

 では次回PCパーツ編にてお会いしましょう!!